017871
 

新任職員よりメッセージ

 

平成30年度版

平成30年度版
 
平成30年度 新任職員 はばたき所属 古舘茉奈
私は学生の時に釧路地区の事業所「あゆみ」、「大きな木」で現場実習を行いました。障がいを持つ方とあまり関わりがなく、不安もありましたが、利用者の方が笑顔で話しかけてくださり、又、職員の方が一つ一つ丁寧に教えてくださったおかげで毎日が楽しく感じるようになり、音別憩いの郷で就職を、と考えるようになりました。
現在は音別地区の事業所「はばたき」に配属となり、事業所の雰囲気は、それぞれの場所によって異なりますが、どこへ行っても、分からない事や、困ったことがあると、親身になって先輩の職員の方が教えてくださいます。担当している寮の利用者の方との関わり方、状況に応じた対応の仕方を日々、模索している毎日です。悩むこともたまにはありますが、自分の仕事に責任感を持ち、利用者の方がより良い楽しい生活を送られるよう支援していきたいです。
まだ始まったばかりですが利用者の方と関われるこの仕事が好きです。
 
 
平成30年度 新任職員 おんべつ学園所属 多田媛香
私は学生の時に実習として現場体験をするまで生活支援員という仕事がある事を知りませんでした。また、障がいを持った方と関われる機会がありませんでした。ですが、利用者の方と会話をしていくなかでこの仕事の楽しさを感じ、実際に働いてみたいと思いました。支援員として働くことは大変なこともありますが、楽しい事や新しい気付きもあります。利用者の方と関わる中で、一緒に色々なことを経験し、私も成長していけるように頑張っていきたいと思います。
 
30年度 新任職員 おんべつ学園所属 横山莉沙 
 私は今まで障がいを持った方と接するということがありませんでした。そのため利用者の方との関わりがどのようなものなのか不安がありました。ですが実際に働き始めると、利用者の皆さんの方から優しく話しかけてくださったり、笑顔で手を振ってくださったり…、また、分からない事があっても先輩職員の方が丁寧に教えてくれたりと、現在楽しく働く事が出来ています。まだまだ分からないことや、緊張することもありますが、利用者の方と信頼関係を築き、これからも努めていきたいなと思います。
   
 
↓ 平成28年度版 新任職員の声はこちら ↓
 

平成28年度版

平成28年度版
 
28年度新任職員 生活介護事業所あゆみ 支援員 斎藤 菜々穂

私は障がいを持った方とあまり関わったことがありませんでしたが、音別憩いの郷に入社しました。最初は何もわからずどうしようと困っていることがありましたが、利用者の方が話しかけてくださり、そのおかげで緊張も解け、現在は楽しく仕事をしています。

利用者の方と一緒にカラオケをしたり流しそうめんをしたり…、又、日々の会話で笑いあったり…そんな時間がとても楽しいです。これからも利用者の方と色々な事を共有しながら働いていきたいです。

   
新任職員 おんべつ学園 古川ひかり

私は専門学校卒業とともにおんべつ学園に就職しました。初めは分からないことばかりで、大変な事も沢山ありました。ですが先輩職員がフォローしてくれて、又、アドバイスをもらうことにより私自身も少しずつ成長していると感じ始めています。

初めて経験する職場がおんべつ学園で良かったと日々実感しております。

<<社会福祉法人音別憩いの郷>> 〒088-0123 北海道釧路市音別町川東1丁目200番地1 TEL:01547-6-2811 FAX:01547-6-2814